ラブホに死体安置所に…死ぬまでに行きたい「世界のヤバイ廃墟」10選!4つ目のとか日本っぽくないな…… | わだいニュース007

ラブホに死体安置所に…死ぬまでに行きたい「世界のヤバイ廃墟」10選!4つ目のとか日本っぽくないな……

世界の廃墟10選。死ぬまでに一度は行きたいエンタメ
スポンサーリンク
死ぬまでに絶対行きたい「世界のヤバイ廃墟」10選! 精神病院、ラブホ…世界的廃墟写真家ボブ・ティッセンが捉えた闇の絶景!の画像1
廃墟になったスーパーマーケット(福島県)

オランダ人のボブ・ティッセン氏(34)は、10年以上かけて世界70カ国を巡り、各地の廃墟を撮影してきた世界的な廃墟写真家だ。この度、ティッセン氏のご厚意で秘蔵のコレクションから選りすぐりの廃墟写真をお借りすることができた。

ボブ・ティッセン氏のYouTubeチャンネルExploring the Unbeaten Path
ボブ・ティッセン氏のInstagram→「exploringtheunbeatenpath

廃墟を撮影する際にティッセン氏でも恐怖を感じることがあるそうだ。特に震災後の福島を訪れた時には、米ゾンビアポカリプステレビシリーズ『ウォーキングデッド』の世界に迷い込んだように感じたという。

アメリカにある精神病院の廃墟もティッセン氏を心底恐がらせた。手術器具が放置された院内はたしかに薄気味悪い。

「精神病院の廃墟はだいたい気持ち悪い。車椅子と手術室だらけの刑務所みたいだ」(ティッセン氏)

死ぬまでに絶対行きたい「世界のヤバイ廃墟」10選! 精神病院、ラブホ…世界的廃墟写真家ボブ・ティッセンが捉えた闇の絶景!の画像2
精神病院の廃墟(アメリカ)
死ぬまでに絶対行きたい「世界のヤバイ廃墟」10選! 精神病院、ラブホ…世界的廃墟写真家ボブ・ティッセンが捉えた闇の絶景!の画像3
廃墟になった死体安置所(イタリア)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました